重箱の隅をつつけ!

2000年「自分にストイックであれ」


第2回「777Project」で立ち上げたサービス。

いや、もとい。立ち上げてはいませんでした。

カヤックの第2回「777Project」を紹介するページにも、こう書かれています。

「LinkRoad:ネット上のリンクの軌跡をマッピング。構想が壮大すぎて、開発途中で断念したプロジェクト。」

そうでした。

「7月7日に7個サービスを立ち上げなければいけない」と自分に課した厳しい掟。その掟に忠実でありたいがために、7月7日に構想を書いたページだけを用意して、近々オープン!と書いてリリースしました。そして結局、永遠にオープンすることのなかった幻のサービスです。

いったいどんなサービスだったのでしょうか?

うむ。この解説を見るだけでは、さっぱりわかりません。どこまで開発が進んでいたのかすら不明です。

でも、確かに構想はデカかったはず。

だって、サービス名の由来。

これ、シルクロードにヒントを得ての「リンクロード」ですから。

その名のとおり構想は壮大だった気がします。もちろん、独自ドメインも取得。

気合が入っていたことだけは確かです。

さて、このサービスを通して学んだことです。

「無理でした」という挫折感を味わうよりも、なんとか帳尻を合わせてでも、成功体験を得た方がいい時もある、ということです。

実際には立ち上がっていないので、「7個つくりました!」と言っても、それは嘘。ですが、時には自分をだましてでも「立ち上げた」と言いきってしまう方がいい。そうすると達成した気持ちになる。達成すると、次の目標が達成しやすくなる。もちろん次回の目標設定は、さらにハードルがあがるわけですから大変です。でも達成したという成功体験が、次の成功の精度を上げる。

一度、達成できずに諦めてしまうと、ずるずると目標レベルが下がるだけではなく、次に達成するのがさらに難しくなる。

「帳尻あわせの効果」これを経験として学びました。

ちなみに、この経験は2007年に立ち上げた面白法人ラボ「BM11」にもいかされています。

年間77個のプロジェクトリリースという無茶なハードル設定を見事に達成!

でも、後から見ると、明らかに数あわせとしか思えないような意味のないものも、いくつかあります。もちろん、つくっていないのにリリースということはありえませんが。

こうやって達成したことで、これを書いている2008年、「今年のハードルは88個」。成長することができたわけです。

そして、当然作ってるものは、昨年より今年の方がクオリティが高い。そして今年ももちろん達成する。

結果、その次の年もハードルをあげられるのです。

LinkRoad

サービス名
「LinkRoad」
概要
ネット上のリンクの軌跡をマッピング
  • 「1999年 ネーミングに注目!」
  • 2001年 「縁とは不思議なものです」