面白法人の代表が過去のプロジェクトを蒸し返す! 重箱の隅をつつけ!

カヤック代表取締役の柳澤です。

カヤックのWEBサイトをご覧になった方からよく言われます。
「情報が多すぎる、そのうえ階層が深すぎる。到底、全部は見切れない」
確かにそのとおりかもしれません。

カヤックのWEBサイトのポリシーは、
たとえ今なくなってしまった古い情報でも、できるだけ公開する
(法人としての思考や趣味の変遷がわかるから)。
僕自身もときどき検索にひっかかってきた自社サイトを見て、
こんな情報があったんだと気が付き(思い出し?)、ほんとに恥ずかしくなります。

カヤック社員でもおそらく全部見ている人はいないでしょう。
だって、新人からの新規プロジェクトの提案の中に
それ昔カヤックでやってたんですけど」ってことがしばしばありますから…。
で、そんな状況も踏まえ、今回はせっかくの10周年ですから、
この10年間を振り返って、過去の数々のサービスや実験の中から、
個人的に改めて注目してみたいことを、掘り起こしてみたいと思います。

「重箱の隅をつつく」。そんな感じで。

隅をつついたプロジェクトたち

  1. 1999年「ネーミングに注目!」
  2. 2000年「自分にストイックであれ」
  3. 2001年「縁とは不思議なものです」
  4. 2002年「まだ諦めていませんよ」
  5. 2003年「何度見てもおもしろいもの」
  6. 2004年「実験は今後もきっと続けます」
  7. 2005年「人は筋肉のすばらしさを年とともに知る」
  8. 2006年「あふれるほどの郷土愛(?)」
  9. 2007年「自動コンテンツプロバイダー」
  10. 2008年「また力技ですか・・・」